対象患者数が少ない製品については、医療機関ごとに症例数の管理を行うなど、需要動向を正確に把握し、在庫・物流の適正化を図っています。
また症例管理システムを用いて、治療サポートや、症例ごとの需要把握、流通データの利活用にも取り組んでいます。