医薬品卸のネットワークを 患者さんの笑顔のために

希少疾患や一般に難病といわれている疾患において、いち早く必要とする人のもとへ治療薬を届け、多くの人に笑顔になってもらいたい。そんな思いをこめて、疾患啓発や治療サポートを行うスマイルプロジェクトを推進しています。
スマイルプロジェクトのスローガンは “知らなかった!をなくしたい”。希少疾患の革新的な医薬品を患者さんにお届けするためには、私たちの卸ネットワークが必要です。

トキソプラズマ症疾患啓発活動

トキソプラズマ症は、“トキソプラズマ原虫”と呼ばれる微生物による感染症です。 女性が妊娠中に初めてトキソプラズマに感染し、母体を通じて胎児に感染すると、赤ちゃんが「先天性トキソプラズマ症」を発症し、眼や脳に障害が生じたり、重症の場合は流産や死産に至ることもあります。

神経筋疾患啓発活動

成人の神経筋系の希少疾患には、脊髄性筋萎縮症をはじめ、筋ジストロフィ―や筋萎縮性側索硬化症(ALS)などがあります。